Netflix民からのおすすめドラマ 12選

ドラマ

Netflix民からのおすすめドラマ 12選

映画やドラマ・アニメなどは大量に観ているはずなのですが、すぐにタイトルや物語などを忘れてしまいます。もう一度観てみると思い出すのですが。。

そこで、2018年8月〜2019年1月の間にネットフリックスで観てきた870件の視聴データから面白かったなと思うものをピックアップしてメモしておきたいと思います。Netflix最高やで。

本稿はドラマ編です。

トラベラーズ(3シーズン)

一見普通だが、実は未来から21世紀にタイムスリップして来た”トラベラー”達。人類最後の生き残りである彼らの目的は、悲惨な運命から人類を救うことだった。

数百年先から21世紀で死ぬ予定の人を死ぬ直前に上書きすることでやってきた数千人のトラベラーと呼ばれる未来人たちが、21世紀に起こる出来事により崩壊しつつある未来を変えるべく奮闘する物語。

アニメのシュタインズゲートみたいに何度も何度も問題を解決しても崩壊が止められないけれど、未来のAIからやってくる指示を信じて挑み続ける。シーズン1は正直あんまりおもしろくなくって、なんとなくずっと観ていたらシーズン2から面白くなってそこから一気観した。

シュタインズゲートも10話くらいまでつまらなかったのだけれど後半面白くなってきたという点も似てる。笑

世界の現実旅行(1シーズン)

核爆弾投下により出来上がった湖や呪われた樹海など、ジャーナリストのデヴィッド・ファリアーが世界各地の一風変わった”不気味な”観光地をめぐるシリーズ。

旅行好きだからかもしれないけれど、せっかくの楽しい旅行で普通は選択しないような旅にジャーナリストならではの観点で切り込んでいくのがとても面白かった。

核実験でできた湖で泳ぎ魚を釣って食べたり、昔大人気だったビーチリゾートが紛争によって立入禁止区域に指定されゴーストタウンと化した場所に潜入を試みたり、コロンビアの麻薬王パブロ・エスコバルがつくった街で麻薬王の殺し屋だった男にガイドしてもらったり。

コロンビアの麻薬王のお話しは、後に書いている「ナルコス コロンビア編」を観てから観てみるとより楽しめると思う。ちなみに、第2話は日本の福島、富士、長崎を巡る旅だった。

ルシファー(3シーズン)

地獄の王座に飽きた悪魔が、”天使の街”ロサンゼルスで高級ナイトクラブをオープン。さらにロス市警殺人課の女性刑事とコンビを組み、犯罪者達に天罰を下す!

人間を作り出した神々の一人だが、人間の世界に長く滞在して女刑事と事件を解決していくうちに、人間を知り自分と向き合い、自分を知っていくことに戸惑いながらも前に進んでいく物語。

なんというか、めちゃくちゃ面白かった。。ん、、これまでもこれからも、めっちゃい面白かった。という平凡なコメントが連発しそう。笑

大人気ドラマだったみたいだけれど、シーズン3で打ち切りになっちゃったみたいで、ラストが「えーっ!ここで終わるの!?」という感じで消化不良に。それをNetflixが買ってシーズン4を制作中とのことなので、続編が出てくるのがとっても楽しみ。

ダイナスティ(2シーズン)

80年代米国で大ヒットしたメロドラマが、舞台を現代に移して蘇る。2つの大富豪一族、キャリントン家とコルビー家が、富や権力、名声をめぐり火花を散らす。

これはそんなに面白くもなく、面白くなくもなく。まぁでも暇つぶしにはなるかな。

キャリントンとコルビーが争っていくまでの最初のシーズン1はまぁまぁ面白かったのだけれど、だんだんエスカレートして、あまりにもめちゃくちゃになっていくうちにどんどんつまらなくなっていった。ちょっと残念な作品。笑

ナルコス コロンビア編(3シーズン)

暴力的で知られるコロンビアの悪名高きドラッグ・カルテル。実在するその元締めの複雑で壮絶な人生を描くギャングスター・ドラマの決定版シリーズ。

コロンビアの麻薬王であり、大統領になろうとしたパブロ・エスコバルが率いる「メデジン・カルテル編」と、パブロ死後に極力目立たぬよう争わぬようビジネスライクに発展した「カリ・カルテル編」に分かれている。

コロンビアのカルテルをずっと追い続けるアメリカの麻薬捜査官と、腐敗しているコロンビア軍警察のうち志ある人々が麻薬と暴力に立ち向かう実話を元にした物語はなかなかスリル満点。

作品として面白かったのに加えて、3シーズン分ずーーーっと観ていたらコロンビアに行ってみたくなった。笑

ナルコス メキシコ編(1シーズン)

80年代に世界を震え上がらせたメキシコの麻薬戦争はどのように生まれたのか。グアダラハラ・カルテルをめぐる、欲望と野望に満ちた真実の物語がいま語られる。

コロンビア編でも少しメキシコのカルテルも出てきていたのだけれど、最初はコロンビアがコカインの力で大きな力を得ていたが、大麻からコカインに切り替えたメキシコが力を強めて逆転していく、その直前くらいまでがシーズン1の物語。

こちらもメキシコ編と同じでアメリカの麻薬捜査官と、カルテルの麻薬戦争を描いていて、シーズン1ではコロンビア編のパブロ・エスコバルやカリ・カルテルの人々も出てくる。

早くシーズン2を公開してほしいくらいあっという間に観終わってしまったのだけれど、観終わったらメキシコに行ってみたくなった。笑

ザ・レイン(1シーズン)

殺人ウィルスにより北欧の人類がほぼ死滅して6年。地下シェルターに避難していた2人の姉弟が、他の生存者たちとともに、安住の地と答えを求めて行動を開始する。

ぼちぼちでした。雨に触れたらウイルスに感染して死んでしまう。という設定で、雨から逃げ惑うシーンからはじまる。

わけもわからぬまま放り出されたサバイバル場で、足元にたまる水たまりにも気をつけなければならないような道のりで、主人公の姉弟が少しずつ真実を知り、酷な選択を迫られ、死んだり傷つきながらも自分たちで答えを導き出していく。そんな物語。

オルタード・カーボン(1シーズン)

250年の眠りから覚め、新たな体でよみがえった犯罪者。だが自由と引き換えに突き付けられた条件は、絶対的権力を持つ大富豪殺害の謎を追うことだった。

こちらもぼちぼちで暇つぶしになる感じ。

超強い犯罪者が得た新たな体の元の持ち主の彼女だった女性刑事といがみあいながらも、大富豪殺害の謎を追い求めるうちに愛し合ってしまう。1シーズンだけだけど、最後はちゃんと謎を解いて終わった気がするけれど、観てからだいぶ時間が経ってしまったのであまり覚えていない。笑

サバイバー・宿命の大統領(2シーズン)

アメリカの運命を突如背負うことになった、1人の男をめぐる政界サスペンスドラマ。ワシントン襲撃事件により、下位の閣僚である男の肩に重い責任がのしかかる。

「指定生存者」という制度で居残りをさせられていた、翌日クビになる予定の主人公である最下位の閣僚が、テロによって大統領はじめすべての閣僚が殺されることで大統領にさせられるところから始まる。

はじめはとまどいしかないながらも、なんとかアメリカを立て直そうと奮闘。弱ったとみて攻撃をしかけてくる国、権力を得るためにしかけてくる政争、信じていた心の友の裏切り、意見の食い違い、混乱した人々と向き合いながらテロの真相と黒幕に迫る。

それから無所属を貫き、誠意を持って接し嘘をつかないことを誓った男は大統領としてあらゆる苦難を乗り越えてゆく物語は、まぁめっちゃくちゃ面白くって、シーズン3が待ちきれない!

COLONY(2シーズン)

ロサンゼルスが外部の勢力に侵略され、壁に囲まれた植民地となった近未来。元FBI捜査官と妻は、離れ離れになった息子を見つけるため命懸けの闘いに挑む。

ウォーキング・デッドでも妻役を演じていた人が出てたけれど、ウォーキング・デッドと同じようなキャラクター設定やなと思った。笑

結構夢中で2シーズン一気観してしまった本作。圧倒的なテクノロジーの差であっという間に侵略され、あっという間に巨大な壁に囲われ飼われるロサンゼルス市民。の生活が半年経過して落ち着いた頃から物語がスタート。

最初はあんまり意味がわからなかったのだけれど、同じく侵略された人類同士でも宇宙人派とレジスタンス派と別れて水面下で争い続ける。でもそんなことも虚しく宇宙人の一撃で何もかもを失ってしまうことをたまに思い出させられる。3シーズン目があるのかわからないけれど、圧倒的に不利な状況でどう生き延びていくのか、続きが楽しみ。

ザ・ディフェンダーズ(1シーズン)

デアデビル、ジェシカ・ジョーンズ、ルーク・ケイジ、アイアン・フィスト。4人のヒーローが結集し、ニューヨークの街を蝕む黒い陰謀を完膚なきまでに叩きのめす!

こちらはぼちぼちです。ぼちぼちに楽しめるという意味でのぼちぼち。

ヒーローもので、悪の秘密組織との戦いが繰り広げられます。1シーズンでサックリと完結しました。

あいのり(2シーズン)

ピンクのワゴン車に乗って世界を旅する男女7人が探すのは、もちろん真実の愛。キスして2人で帰国する日を夢見て、見知らぬ者同士がアジアの国々を走り続ける。

あのあいのりをNetflixが復活させました。若かりし頃に観ていたあいのりの懐かしさと、少しの感動でシーズン1を終え、最近シーズン2がはじまり毎週木曜日に新しいエピソードが追加されます。

が、しかし、シーズン2は見るに堪えない感じの展開が何度も訪れ、ちょっとあいのりに対して大変残念な気持ちになりながらも、一方で「たったひとりに出会うため」に旅を続ける若者たちの成長と感情の高まりが、なかなか見応えある展開になってる。

そして、再びネパールに行きたいなとか、ウズベキスタンに行ってみたいなとか、旅したくなってしまう。笑


記事が気に入ったらサポートしてもらえると喜びます。いただいたお気持ちは大好きな海外旅行グッズの足しにさせて頂きます。

Amazonギフト券でサポートする



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

1983年9月8日 福岡県生まれ東京在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ・名古屋。海外旅行、Netflix、漫画、寝ることが好き。詳細なプロフィール、旅した世界の写真たちまとめ、ご質問は質問箱まで。連絡先 tetsunori.yuasa@gmail.com

コメントを残す