商売を繁盛させる“ちょっと”したコツ

駄文

商売を繁盛させる“ちょっと”したコツ

有田陶器市でのひとコマ。「例のアレ」ってなに!?w思わず“プッ”となってしまったのでご紹介です。

要は、どう、気を引くか。を実行したものでしょうか。結果、私はここでは何も買ってませんがwとりあえず、中は覗きました。

他にも、というか、かなりの露店で言っていたのですが、「うちは半額だよ?」「5割引きだよ?」ってな感じで、なぜか、“半額”と叫ぶ露店さんが多かったです。5割引・・・これだと、定価×2倍した値札を付けて、そこから「半額」と言っているような気がしてきてあんまり響きませんでしたが、、ふと、

「うちは、6割引だよ?」

と聞こえてきました。なに!?「6割引!?」と、ついつられてしまいwめでたく灰皿購入しました。もちろん、自分が気に入ったものが見つかったので、購入したのですが、他のお店と“ちょっと”違った切り口で声を掛けていたので、私も店内へと足を進めました。

有田陶器市では、恐らく、何年か前に、「半額だよ?!」と言って成功した露店があったのではないでしょうか。だから、今ではかなりの店がそう言うようになった。しかし、みんながみんな言い始めたら、なんてことはなくなる。つまり、2番煎じにうまみは無いのです。

「競争相手と、少し違った切り口」で、常に話しかければ、ちょっとだけぬきんでる事が出来るのではないかと思います。商売とは、あの手この手、不断の努力が必要。の中でも、ちょっと視点を変えましょうって事でしょうね。
—–
EXTENDED BODY:

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

1983年9月8日 福岡県生まれ。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ・名古屋。海外旅行、Netflix、漫画、寝ることが好き。詳細なプロフィール、旅した世界の写真たちまとめ、ご質問は質問箱まで。連絡先 tetsunori.yuasa@gmail.com

コメントを残す