殷の筆使い

アイデア

殷の筆使い

20130404-233108.jpg

広島県熊野市は日本一の筆の産地。特に、ハリウッドでも使われている化粧筆が有名です。

そんな熊野筆にインスピレーションを得て、こんな世界観を考えてみました。

—–

まだ竜が大空を自由に飛び回っていた古代中国、殷の時代に、筆で文字を書いて具現化させる筆使いがいた。

竜の髭から特別なチカラを持った「筆」を作りだす筆使いの一族。

その特別な筆を使って絵に文字を書くと、絵に描かれた生き物たちを具現化し、使役することができたという。

人々は競って竜を捕獲、特別な筆を作り出し戦争の道具として使う、争いが絶えない日々。

—–

ここまで、というかこれだけ。文字、特に古代の文字はなんだか神秘的。その神秘的な文字を書くための筆にフィーチャーした感じ。

20130404-234105.jpg

これは甲骨文字。なんだか、小説書きにチャレンジしてみたくなってきたなぁ。売れなくてもいいさ、書き上げることが出来たらとても達成感ありそうだから☆


記事が気に入ったらサポートしてもらえると嬉しいです。いただいたお気持ちは旅の手荷物など、大好きな海外旅行のアイテム購入資金にさせて頂きます!

Amazonギフト券でサポートする


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

1983年9月8日 福岡県生まれ東京在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ・名古屋。海外旅行、Netflix、漫画、寝ることが好き。詳細なプロフィール、旅した世界の写真たちまとめ、ご質問は質問箱まで。連絡先 tetsunori.yuasa@gmail.com

コメントを残す